賃貸アパート経営で空室リスクを下げる方法とは?

賃貸アパート経営で空室リスクを下げる方法とは?

賃貸アパート経営で空室リスクを下げる方法とは?
賃貸アパート経営で利益がでる仕組みとは?

賃貸アパート経営をやる場合には、その収支構造をよく理解しておく必要があるでしょう。例えば10室のアパートだった場合で家賃が月10万円だったときは、売上げは毎月100万円です。そこから実際に支出する修繕等の経費を引き、借金の返済をして残れば収支は黒字です。しかし、税金の申告をする時は、借金の返済を引かず代わりに減価償却費という計算値を経費として差し引いて所得を計算することになっています。経費はなかなか減らしにくいかもしれませんが、売上げは空室になると容赦なく減ってしまうことになるでしょう。

空室リスクを抑え込むための対策とは?

資金的な黒字の確保にも税金計算上の所得の黒字の維持にも、売上げの確保は大切です。この最大の敵は空室リスクでしょう。空室リスクをできるだけ発生させない方法としては、常に魅力的な物件になっているよう、ターゲットの顧客層の要望に応えられるようにリノベーションをする等の努力が必要でしょう。また、賃借人がいなくなってからあわてて賃借人探しをするのではなく、日頃から不動産業者と情報交換をしておくことも大切かもしれません。

一括借り上げを活用する手もある

そういった空室リスク対策がうまくできるか心配だという場合は、デベロッパーなどに一度すべて貸し出して、デベロッパー等が賃借人を探すという一括借り上げ方式を活用することを検討するといいでしょう。こうすれば、空室リスクはほぼ確実に抑え込むことができるはずです。しかし、入ってくる家賃がその分安くなる点は受け入れざるを得ないでしょう。あらかじめ一定の空室リスク考慮し、さらにデベロッパーの利益が差し引かれるので安くなるのです。

札幌の賃貸では、分譲物件並みの充実した設備が整っている魅力的な物件が多数存在し、便利で快適な暮らしをしたい人でも納得のいく物件を見つけることができます。

詳しくはこちら三鷹の賃貸の続きはこちら

No comments.