知っておきたい!一人暮らしの家賃と月収のバランス

知っておきたい!一人暮らしの家賃と月収のバランス

知っておきたい!一人暮らしの家賃と月収のバランス
家賃の目安は「月収の3分の1」でいいのか?

家賃を決めるときは、一般的に「月収(手取り)の3分の1」程度が目安だとよく言われています。それはつまり、家賃に掛かる費用をその程度に抑えておけば、生活も無理なくできるということを意味しています。しかし、例えば月収12万円なら家賃が4万円で、残りが8万円という計算になりますが、このように比較的収入が低い場合は、「3分の1」を目安にすると家賃以外にかかる生活費を圧迫することがあります。なので、まずは生活等に必要な費用を確保した上で「3分の1」を参考にするとよいと言えるでしょう。

家賃以外の生活費はいくらかかるのか?

一人暮らしの場合、家賃を除いた生活費はおよそ「8万~10万円」程度掛かると言われています。その中で一番多く費用が掛かるのは「食費」で、3万円程度が一般的だと言われています。ただし毎日自炊をする人などはそれより安く抑えることも可能ですが、逆に外食が多い人はそれより費用が高くなる場合があります。二番目に費用が掛かるものは、主に男性の場合は「交際費」、そして女性の場合は化粧品やエステといった「おしゃれに掛かる費用」などが挙げられます。そのほかにも「光熱費や通信費」、そして「交通費」などが必要になります。

月収と生活費から家賃を考える

まずは、一人暮らしに必要な生活費(家賃を除く)は「8万~10万円」だということをベースにして家賃を考えてみましょう。例えば月収(手取り)が18万円の場合、仮に生活費が8万円で、お小遣いが3万円、貯金が2万円という設定をすると、その合計は13万円になるため、月収18万円からの差額である5万円程度が家賃としてちょうどいいということになります。設定の仕方や金額は個人の事情によって変わりますが、このように生活費等をベースにして家賃を考えると、無理のないレベルの家賃を決めることができるでしょう。

帯広市の賃貸を探そうと考えているのであれば、インターネットサイトが活用可能です。不動産業者のHPを参考にすることで、条件を指定して、帯広市にどのような物件があるのか探せます。

北広島市の賃貸を読む札幌市手稲区の賃貸の方はこちら

No comments.