家を買うのはギャンブルじゃない!!正しいマンション購入の方法は!?

家を買うのはギャンブルじゃない!!正しいマンション購入の方法は!?

家を買うのはギャンブルじゃない!!正しいマンション購入の方法は!?
自分の視点は偏りやすい

マンションの購入を考えるときに、買う側が設定している評価の視点が偏っていることがよくあります。自分が気にしていることは、多くの中のひとつにすぎないと考えて、遠慮せずに第三者的な立場からアドバイザーに評価視点を聞いてみることが重要でしょう。買うほうからすれば、いい物件がでてくると、ここで決めないと他の人が買い付けてしまうとどうしても焦ってしまいますよね。第三者的な意見聞くことも大事ですし、それはいいから、自分の質問に答えてくれと相手の話を聞かないのはやめましょう。

不動産もセカンドオピニオン?

医療等をはじめあらゆるところでセカンドオピニオンという言葉が、近年聞かれるようになりましたね。特に、住宅の購入は一生に一度歩かないかのことですし、とはいえ、ギャンブルではありませんから、家族全員に影響を与えることも考え慎重でなければならないでしょう。しかし、一方で、営業マンはその物件をどうしても売りたいわけですから、買う側の関心ごとには答えても、それ以上のことは必要以上に教えてはくれないというのはよくあることになります。そこで、不動産においてもセカンドオピニオンは大事で、契約前にプロの意見を聞くのもいいでしょう。ただし、そこではっきりした答えを求めるのではなく、決断する材料をもらい、最終的には自分で決定します。

南方向をチェックしよう

また、周辺環境のチェックでは、高級マンションをもとめているのであれば、関心があるのは商業や教育や医療などの施設ではなく眺望は気に入ったが、将来何かが前面に建って、せっかくの景色が見られなくなるということがないかということでしょう。資産価値に大打撃を与えることですから、将来の周辺環境の確認というのであれば、都市計画法に基づく用途地域が決められていますので、検討している物件の主に南側はどの地域に定められているかをチェックしましょう。商業地域であれば高い建物が建つ可能性があり、計画地の地盤や地質などのハザード情報も同時に仕入れておきたいところです。そのうえで、総合的に判断していくといいでしょう。

新築マンションを購入したいなら、こだわりの条件を明確にしましょう。理想的な間取りや日当たりを実現できます。

No comments.